法事・法宴のお料理

成仏される故人を偲び、供養するためのご法事(法要)。
生前親しかった方々をお招きし、落ち着きある式場で
御霊前ならびにご先祖様の霊をおなぐさめします。

会席膳

法宴の席におもてなしの心を添えてくれるお料理の数々。旬の素材を生かしたお料理を ご堪能いただけます。お客様のご予算に合わせたコースをお選びください。

10,800円コース
8,640円コース
6,480円コース
5,400円コース

◆会席 10,000円(税込10,800円)


◆会席 8,000円(税込8,640円)

◆会席 6,000円(税込6,480円)

◆会席 5,000円(税込5,400円)

◆お子様ランチ 2,000円(税込2,160円)

法要式セットのご案内

千里玉泉院で法要をされる方で、京阪互助センターの互助会会員の方は、お得なセット 料金をご用意しております。

  • 法要式セット

    会館使用料・生花一対・式進行係・法要祭壇飾り(五具足)・御寺院控室・献膳料理・
    集合写真または墓参りセット・墓参用花束または仏壇用花束

    一般価格 108,000円 → 会員様価格75,600円

  • 法要式特別セット[タイムサービス時間帯限定]

    日、祝日を問わず、午後4時以降はタイムサービス!
    ※価格・時間帯共特別設定のため、1日1式となります。
    ※他の割引や特典との併用はできません。

    午前4時以降会員様価格54,000円

設備のご案内

千里玉泉院は充実した設備で、ご自宅と違い準備や後片付けの煩わしさもありません。

駐車スペース52台
全館バリヤフリー
車椅子用トイレ
エレベータ完備



◆法要祭壇

◆お食事室

◆外観

◆駐車場

法事のいわれ

  • 法要(法事)のいわれ ―仏式―

    亡き人を想いその恩を偲び、心から手を合せ供養する精神的な営みが法要です。
    故人があって現在の自分があることへの感謝、あの世での故人の幸せをお祈りし、残された施主や家族親族 の安穏を願うのが法要の主な目的です。


  • 忌明け法要

    通常、命日より五七日(三十五日)又は七七日(四十九日)に営みます。
    この日の審判で故人の霊が極楽浄土へ行けるかどうかが決定されるといわれております。よって、僧侶にお経をあげていただき、親族、友人、知人、を招き大がかりな法要を営みます。
    埋葬(納骨)は、この日までに済ませたいものですが、近年は、忌明け法要の際にする例が多いようです。この忌明けを待って仏壇の扉を開き遺影は片づけるか適当な場所に飾り、仏壇に塗り位牌を安置します。 白木位牌は寺に納めます。(宗派によって位牌をもちいない場合もあります。)
    遺族はこの日より平常の生活に戻り、各方面への挨拶、お礼、香典返し、形見わけなどをします。


  • 年忌法要〈一周忌~三十三回忌〉

    死亡した翌年の命日に一周忌をし、翌年の満二年目に三回忌を行ないます。以降は、七、十三、十七、二十三、二十七、三十三、五十、百回忌となり、それ以降は五十年ごとに営みます。
    本来、年忌法要は遠に続けることが理想です。法要は親族、友人、知人を招き僧侶にお経をあげていただきます。供養の焼香をしてもらった後、写真やビデオで故人を偲び、宴を盛り上げます。 故人が好きだった歌や踊りで宴が盛りあがるのも供養となります。